「DOGs」稽古場

本番までの激動の2ヶ月半

  今回は座長のパパの代わりにあたいが

ナビゲートしま〜す 
               
  <楽日翌日>

パパ、こいつ↑でしたか。 

あたしがモデルの犬役は。。。


観に行きたかったワン。。

パパは疲れたようで今日は死んでます。

パパはセリフ覚え悪いから演出家になっ

ているのに、急に降板して、パパを舞台に

乗せたやつに腹を立てています。

それと、舞台を舐めきっていた奴にも。。

うちで芝居やったなどと言って欲しくない

そうです。


でもさ。。ブルドッグの一列のダンスは観て

泣いていたそうです。


やはり、血と汗と涙を流した役者だけが舞台

に上がれるんですね。

みなさんもおつかれさま。。

by moco


<コミットすることによって得られる主役>

この作品の主人公はもちろん恵介です。

しかし、実は誰でもがこの作品の主人公に

なれるように創ってあります。

それは、モモであり乃理子であり優一夫妻

であり結花でありガブリエルであり松田であり、

そしてさゆりであります。

それこそ、その役だけでスピンオフの芝居が

できる可能性があります。

しかし、稽古に出てこなければ、その可能性

はどんどん消えて行きます。

きっと人生もそうなんでしょうね。。

 
  最終の三日間の稽古。

稽古は正直に結果をだします。

役者は心地よい壊れ方をしていく。
。。。

しかし、いい通しでした。

こんなにスムーズな流れでストーリーが進行

するなんて。。

最後の役者のダンスは涙涙の瞬間でした。


このふたりのコンビは絶妙です。

歴史を感じさせますね。

恵介が言います。

『いいご縁じゃないか。。。』



『すご〜くいいお芝居』

スタッフの一人が言いました。

どんなに芝居がよくても、それを知らしめ

ないとお客さんは観に来ません。

来て絶対に損をしない作品に仕上げます。


稽古も最後の第四コーナーを回りました。

最終コーナーに回ったところで、若いダン

サーたちが稽古に入ってきました。

予想通り、エネルギーに満ちあふれています。

歌も歌詞さえ覚えられれば。。www

そんなこんなで役者がテンションを持って

いないと芝居になりません。


恵介が言います。

『知らない人とは握手をするものではあり

ません』

犬の使命は人間を守ることです。

芝居の全ての責任を座長が持つように、

犬もあらゆる手段を使ってご主人を守るの

です。 


 
 
<秘密兵器>


芝居の中では秘密兵器と言われる役者が

いる。

それをどう食うか狙っている後ろの三役者。。

モンペ猫?とリアクション芸人?と飯を食って

いて舞台に間に合わなかった役者(謎) 

たまに秘密兵器だと思って使って失敗する

役者もある。

本番では核弾頭を用意しますよ。



<お二人のファンのためのコーナー>


ガブリエルも疲れて目もうつろwww

頭に耳をつけたまま、セリフの勉強中で

あります。。

一方、松田先生は、自然体でない自然体を

して。。ど緊張状態であります。。

後ろではお母さんのように心配そうにみて

いるガブリエル。。。

多分、次のセリフを頭に入れているのだと

思いますが。。www


この後、演劇史上に残る名セリフが飛び出

します。『マグロにする?』((^0^))

 
ガブリエルも頑張って演じています。

役者より熱心。まあ、プロ根性があるので

しょう。

モモが言います。

『パパ。。あの黒いノートはどこへ行ったの

でしょうか。

いつか町にフラッと来たおじさんと一緒に

消えてしまったノート。。

一緒にいたお姉ちゃんとは、同じ海辺で

いつか出会える日があるのかな。。』


出稽古ではありません。

今回は最も重要な芝居の稽古。

今まで一度もやっていなかったシーン。。。

これが結構面白い。

巷では、カット候補と言っていたらしいが。。

あまい!他にカット候補のシーンがあるwww

ガブリエル・音楽療法士も参戦して、

とりあえず通し稽古ができました。
 
 
 
今風な新人3人。

年齢とか関係ないかも。

これは稽古この指とまれです。。

今回の名言

『泣いて上手くなるなら、泣けって。。』

小学校の学芸会の稽古でも泣いた奴は

いなかった。。


恵介は言った

人は誰かを愛するために生まれてきたはずな

のに。。


人は幸せになるために生まれてきたはずなの

に。。


一方、宇宙の摂理をあやつるやつもいる。。

もう、稽古に入って一ヶ月になるのね。。

天中殺がそろそろ抜けそう。。

稽古場はもっと熱気をもつのだろう。。
 
  役者のダンスは。。。

昔は、直にダンスの振りをうつしたものでした

が、最近は、みんな写メ動画で撮影。。www


稽古も三週目になると、役者の進度に差が

ついてくる。

半分出来上がっている役者もいれば、芽も

覗かせていない役者もいる。

新人も、感性のいい卵と、自分の殻が解らない

卵がいる。

当然、自分の殻がわからないと、破れない。。
 

稽古は進む〜よ。どこまでも〜♪

久しぶりの一日稽古。

どんなにど素人でも舞台に立たせるためには

血反吐を吐く覚悟。。

相手が倒れるかこちらが倒れるか。。

稽古場は戦場だ!

ダイエットだと思えば楽なものです。

   
  本日から正式に稽古開始。

先ずはダンスの洗礼から。。

ダンスは、リズムとバランスと間のトレーニング

としては最適ですね。。。


ところで、スタッフが駆けつけてくれました。

このスタッフに助けられて今まで来たのだと、

改めて感じる瞬間でした。
 
脚本の印刷が上がりました。

今までの苦労が嘘のように、原稿持ち込みで

2・3時間であがりました。


女性の脚本家らしい表紙でしょう。
   
  昨夜の夜遅く、脚本が出来上がりました。

脚本家に戻してチェックしてもらって、いよ

いよ印刷をする運びに。。

実は今まで、印刷はしたことない(笑)

そして、この週末から稽古が始まります。

今回の作品は、巷ではミュージカルだと言

われています。

作者はそのつもりで作ってはいないのです

が、みんながそういうならそうでしょう。。

(ポリポリ)

多分、小劇団であります「シアターフェニッ

クス」の公演では、今までで二番目の規模

が大きな芝居になると思います。

皆様のご来場をお待ち申し上げております
 

取材で宮城県三陸を訪れています。震災直後は

カメラさえ向けられなかった惨状。

五年たってどう変化してきたのだろう。。

津波で消えてしまった町。

今回はここが舞台です。

しかし、今年も何事もなかったように花が咲き

夜にはかわらぬ満天の星空がある。
 
   
 

最初に。。 

NETで、東北大震災の写真を見ていたら、跡地

で犬と猫が喧嘩をしているシーンを目にしました。

こんなイメージから、この話は出来上がったの

かもしれません。


「劇団シアターフェニックス」公演

「DOGs」堂々の公開!
 

hiranohidenori@gmail.com